Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

無意識系高齢ワーキングマザーの日記

意識高い素敵なワーキングマザーには全然なれない、意識なんて吹っ飛んじゃってます。

疲れていたので、

今週は4日曜もワンオペの日があり、その上、仕事も詰まり気味で疲れました… 世の育児を一手に引き受けてるワーキングマザーは本当に凄いと思う。私なんて4日でこれだ… そんな中、保育園迎えに言った時に、終わっていない仕事のこと考えたりしてぼうっとして…

三連休

三連休、遊び倒しました。 そして今日。ずっと一緒いたから離れたくないのは母の方。 仕事もなんだかやる気ナシ。 あー、早くまた週末来ないかな。

働く女子の運命と、定めを受け入れない女

ちょっと前になるけれど、働く女子の運命を読みました。 *1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51H3lH2BfaL._SL160_.jpg" alt="働く女子の運命 *2" /> 働く女子の運命 *3 作者: 濱口桂一郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/12…

夜泣き始めました

もともとうちの子は夜よく寝る方で、出産後退院してすぐの夜に5時間ぐらい寝た。病院で授乳は4時間以上空けるな!と言われていた新米母だった私は焦ったものである。 そんなよく寝る子どもである息子はずっと夜泣きもなかった。もちろん夜中に目を覚まして泣…

新年の抱負みたいなもの

あけましておめでとうございます。 今年の目標は、 1. もっとこまめに書く 2. 愚痴以外も書く で、頑張りたいと思います。 もともと、私はアウトプットがあまり得意ではなく、日記も続かないし、古くは学生時代のお手紙交換も内容を考えるのが辛かったタイプ…

コールアゲイン

またも保育園から及び出し。 呼び出されるのは子どもが体調を崩しているからで、体調を崩すのにも子どもなりのパターンがある。 呼び出しが多いのは 曜日で言えば疲れの溜まってくる金曜日。 時間で言えばお昼寝明け。 つまり金曜日の午後2時ぐらいから3時ぐ…

保育園からの呼び出し電話

子供の体調が悪くなった時の保育園からの呼び出し電話、毎回必ず私の携帯にかかって来る。私が出れないと旦那に。 私が出ると、アレルギーで軽い蕁麻疹が出たけどもう消えました。みたいな大したことない事でも何時に迎えに来れますか?って聞かれて、時間を…

ワーキングマザーの首を絞めるもの

いろいろ事情があって、ウチの家計への経済的貢献は旦那1に対し私3ぐらい。 で、家事育児は私の感覚では4:6ぐらい。多分旦那は俺ももっとやっていると言うと思うけど。まあ、半々よりは私が多いって所では合意できると思う。 つまり、保育園の迎えも、その他…

デュプロがほしいんだけど、

子供がブロックに興味を持つようになったみたいで、保育園の送迎のときにブロックで遊んでいるのを見かけるようになったから、 ここはブロックの定番レゴの弟分であるデュプロでも買おうかなと思って、本家webの英語直訳日本語(お気に入りは「注意: 幼児があ…

おかしいなとは思ってたんだけど

今朝、起きたら朝から熱。あ、だから私昨日あんなにポジティブだったのね。熱に浮かされてたんだ。私が前向きでおかしいなとは思ってたんだけど。 でも、そんなに高い熱じゃなかった。子ども居なかったら無理して会社に行ってたぐらいの。 そんなに高くない…

仕事で思うように行かないのは、

仕事で思うように行かなくて、子どもが居て時間に制限があるハンデ重すぎて辛い。 そんなことを考えながら家への帰り道を歩いてたけど、よく考えたら、 仕事で思うように行かないのは、子どもが居るからじゃなくて、自分たちの力が及ばないからかもな。 もし…

とどのつまりいつもの週末なんだけど、

足元にまとわりついてくる子どもの相手しながら、一週間分の溜まりに溜まった家事をこなして、 子どもを外に遊びに連れていって、それなりの経験もさせたいし、 子どもが昼寝した隙に、仕事でも出来ればいいんだけど、一週間分の寝不足を取り戻すべく、結局…

今日のバタバタ

夕方の時間に電話会議入っちゃったから、 早退してお迎え行って、子供にご飯たべさせながら、電話会議に入る。 子供に食べさせながら必死に話聞いて、会議後にフォローアップの作業とかメールとか書いていたら、子供の機嫌が壮絶にわるくなってしまった。 抱…

時々育児と仕事の両立が辛すぎて、仕事やめたーい!って誰にも言えないから

ブログはじめました。 小さい子供がいるのに運良く保育園入れて仕事も続けられて、旦那だって協力的。 わかってる。 仕事は辞められない。金銭的にも。生き甲斐的にも。 何者でもなくて、ただ息子のお母さんというアイデンティティだけで生きてけるほど私は…