或るワーキングマザーの日記

意識高い素敵なワーキングマザーには全然なれない。素敵な奥様なんてからきし無理。でもなんとかボチボチやってます。

幼児向け三大ミュージカル制覇

先日、アンパンマンミュージカルを見てきました。これで、トーマス、しまじろう、アンパンマンと、3回目。幼児向け三大ミュージカル(←勝手に決めた)制覇したので、簡単に比較してみる。

 

ちなみに見たのは、以下の3つ。

トーマス「ソドー島のたからもの」

しまじろう「サンタのくにのクリスマスキャンドル」

アンパンマン「おかしの国のおかしなパーティ」

演目が違っても、キャラが一緒なら、多分同じ路線かなと思う。

 

 

結論として、いちばん良かったのはしまじろう。キャラの求心力はいちばん弱い(サンプル数1)けど、ストーリーがわかりやすい。これは、トーマスやアンパンマンと違い、主人公のしまじろう自身が「子ども」だからだと思う。ストーリーが子ども視点になるので、子どもの理解の範疇でお話が進められるからなんだろう。

結果、演出も無理なくわかりやすく、いちばん子どもが理解しやすかった。

 

トーマスは、友情がテーマで、3歳の息子にはちょっと演出が壮大すぎたかな…何となく、お友達が大切ぐらいには理解してる思うけれど。という感じ。この3作の中でいちばん最初(3歳ちょい)で見たのもあるかもしれない。動くトーマスとパーシーはすごかった。(どうやって制御してるのかな…)

 

そして、先日のアンパンマンアンパンマンってキャラ自体はいちばん低年齢向けだと思うのだけど、途中伏線があったり、ストーリーは1番難しかった。(親が観ると、このシーン要らなくない?と思うシーンもあった。絵に描いた西部の街とか)

演出の所謂"お約束"も割と使われていて、子どもがどのくらい理解できたのか不明。バイキンマンの爆弾が確か2度爆発するのだけれど、舞台上ではなく、袖や書き割りの後ろで爆発して、音と煙だけで爆発したと理解させるとか、アンパンマン世代の子供には少し辛い。

いや、むしろ2-3才のアンパンマン世代的にはストーリーはどうでもよいのかもしれない。だったらもっとヒットソングを盛り込んで欲しかったかも…その辺も欲求不満だったかな。

 

そんな訳で、子どもの集中力の保ち方、ストーリーの練られ方は流石のしまじろうでした。

子どもにとっては好きなキャラが出て居ればそれが一番楽しいのかもしれないけれど。

 

ちなみに、物販も1番熱心だったのがしまじろう、2番はトーマス、3番がアンパンマンかな。

 

結局、アンパンマンは何もしなくても、キャラだけで集客できるという事かもしれない…

 

別の演目があれば、しまじろうとトーマスはまた見ようかなと思うけれど、アンパンマンミュージアムでドリーミングのコンサート見る方が好きだな。あれが最高すぎるだけかもしれないけど。

 

配偶者の尊敬するところ

子供がYoutubeジャンキーになってしまった。

隙さえあればYoutubeをずっとみている。

 

我が家ではPS3をつかってYoutubeをTVで見ているんだけれども、自分でPSの電源を入れてコントローラーを使って勝手にみている。

 

最近自我が強くなって来たので、切り上げさせるのに本当に苦労する。というわけで、ペアレントコントロールで時間制限かけて、機械に強制終了してもらおうと思ったのだけど…な、なんとPS3には時間制限の機能がない!

 

PS4ならできるみたいだけど、PS3だとできないようだ…うぐぐ。夫に「PS4ならできるんだけど…PS4買う?」って言うと、夫から「買えば〜?」って軽く返って来た。

いや、私たち、買ってもゲームしないし、子供にも(PS4のゲームは)まだ難しすぎるし。しかもこの段階でPS4の値段を知らなかった。私も夫も。

 

でも、それに買えばいいんじゃない?って返せるこのおおらかさ。最高。

 

これこそが夫が結婚まで貯金が(ほぼ)ゼロだった原因なんだけど。そして、婚前に貯金をがっつり溜めていた私はケチだから、どうせPS4は買わないけど。

 

大切なのは買う買わないじゃない。相手のアイデアを否定しないこと。オープンに受け入れること。

こんなくだらない思いつきも、乗ったり乗られたりしている方が、お互い否定し合うよりずっと人生は楽しい筈。だから私も、夫のアイデアに「いいじゃん!」って答えるようにしたいと思う。

 

しかし、彼は本当に散財しそうで怖い…←

 

友がみな我よりえらく見ゆる日

仕事が忙しい。普段内勤でオフィスで淡々と仕事をするタイプの職種の私だけど、何故が出張が連続していて、先週からまともにオフィスの椅子に座っていない。慣れない事は辛い。

 

いつもより早起きして、保育園の送りを夫に託し新幹線に乗って移動、新幹線からのダッシュでお迎え、帰ってメール処理。

 

子供の世話を最低限しつつ、残る隙間全てに仕事を詰め込む日々。

 

ふとした瞬間に漏れる言葉は「仕事辞めたい」。

 

自分から望んで共働きしている筈なのに。夫に経済的に頼るなんて絶対イヤなタイプの私が。

 

移動中に見かける、平日の昼間に幼児を連れているママさんを見ると、たっぷり時間をかけて子供と向き合って、なんて優雅で素敵なのかしら…!などと思い始める。

 

幼い子を抱えていれば、優雅だけでは済まない事も百も承知なのに。

 

一方で世界を股にかけて働く知人を見るとキャリアへの焦燥も感じるわけで。

  

もしかしたら、余裕があって優雅で素敵に見える専業の人も、子供に手を焼いている時には、国内とはいえ、あちこち出張で飛び回る私を、「キャリアを築いている」などと思うかも知れない。自分が辛い時は、違う立場の人を羨ましく思いがちだけど、人を羨んでても仕方ない。

 

友がみな我よりえらく見ゆる日よ花を買い来て妻としたしむ(石川啄木

 

出張が終わったら、花を買って家に帰ろうかな!

 

 

 

 

が、しかし出張の最終日はそのまま保育園お迎えなんだよな〜。子供抱えて、自転車で2km、花はボロボロになるから、買って帰れない…

 

現実ってこんなものよね。

 

 

2019の目標

 

あけましておめでとうございます。いつも行き当たりばったりすぎて、全然達成されない役に立たない私の目標。人に読んでもらうようなものではないかもしれないけれど、私のために今年の目標をここに書いておく。今年の年末に振り返りたいから。

目標

目標は変わり映えしないこの二つ。

  • 英語、技術の習得→仕事の為
  • コンフォートゾーンから出て、何か新しい事に挑戦する→自分の為

 

やりたい事

さて、以下具体的にやりたい事。下に行くほど出来るか自信がなくて、最後の方の項目は既に無理だろうなぁと思っている(弱い)

 

去年受けた実技試験の結果が1/18に出るので、落ちていたら、今年の上期に再チャレンジする。今年上期であれば、筆記は免除されるので、実技をもう一度受けるだけで良い。合格していた場合、一種や電験など別の資格を取りに行くかは悩みどころ。私一応IT エンジニアだから、一種で免状発行に必要な実務経験は積めないし、かといって電験はだいぶ違う感じもある。

  • 子供との会話を楽しむ

子供も大きくなってきて、必要とされるものが、身の回りのお世話から精神的な繋がりに進化している。どれだけ子供の目を見て話をきけるか、頑張りたい。

本当は通勤時間はすべてこれに充てるべき。知ってる。でもできない…スマホブラウジングしちゃう…Buletoothのイヤホンも買いましたけど、でもできない…せめて週2時間、年100時間ぐらい聴きたい。でも現実ラインは半分、50時間だな…

戯れたい。今は頭の中で馴染みのある言語でやりたいことを思い浮かべつつ、googleしながら書くレベル。やばい。

  • 英語の語彙強化

とりあえず、iPhoneでやる英語のミニゲーム(小さなクロスワードパズル)は再開した。続けたい

  • 今思いつきもしない新しい事に挑戦する

コンフォートゾーンの外にもっと出たい。去年挑戦できた第二種電気工事士はすごくよかった。私大学では電気を学んでおらず、交流回路の知識がゼロだったので、基礎的なことを学べてよかった。IT系の機械の設置には電源周りの知識はあると便利。

今年の調整は、まだ具体的な物を思いつかないから、チャンスが来た時に備えておくことにする。(なげやり)

  • 運動する

そろそろ体も大事にいきたい…なんてことを書いていたら、お正月休みに腰が痛くなった。

そうだった私去年なぜ筋トレを始めたかと言えば、子育てで腰を酷使しすぎて、腰痛になったからだった。一時期熱心に筋トレをやった結果最近は全然痛くなかったので、忘れていた。気が緩んで筋トレをサボっていたら筋肉が衰えてまた腰痛になったわけだ。

今年は忘れずに行きたい。

  • iPhoneのアプリを使って英語の発音練習

声を出す必要があるので、場所と時間を確保するのがとにかく難しい。できる気がしない。

  • 洋書を読む

時間と気力がない…作るものというのは百も承知だけど…

 

 

たくさん書いておけば一つぐらいは実行できるだろうと思って書いたけれども、子供のことが少ない。いかに私の子育てが行き当たりばったりかわかるってもんだ…でも、きっと子供の目を見て話を聞ければきっと、新しいニーズを掴むこともできるってことで(言い訳)

 

2018を振り返る

子供の頃からずっと、過去を振り返るのが苦手だ。

いつも、もっと頑張れたんだじゃないかと思ってしまう。

 

働き出してからは毎年の目標はいつも同じ。

  • 英語力の向上
  • 新しい技術の習得

もちろん、毎年毎年少しずつ向上しているとは言え一年ぐらいでは実感できる程の成長もなく、英語学習も技術習得も終わりがないからかもしれない。

 

未来に対しては、割と根拠なく楽観的に捉えているのに、毎年、一年を振り返ると、もっと勉強すればよかったという自責の念に駆られてしまって、将来に向けて建設的な反省ができない。

 

だから、3年前に子供が生まれてから、これまで勉強に使っていた時間の多くを、育児に費やしているわけだけれど、それでも一年を振り返る時に子供の成長や笑顔が思い出せるのは本当に心が休まる。

 

子供がキラキラの笑顔でいてくれたら、まあ、それで良いかと思えるようになった。

 

結局、人生に於いて絶対の正解も間違いもないんだろう、多分。ただ、自分で自分の選択を良しとして生きるしかないんだ。ということを、子供が教えてくれている。

電子レンジで危機一髪

休日の朝、洗面所で3歳の子供の保育園の上履きを洗っていると、誰もいないはずのキッチンから、電子レンジの扉を閉じた時に鳴る「ピッ」って音がかすかに聞こえた。

 

夫の姿を探すと、隣の部屋で布団に潜り込んでスマホで漫画を読んでいる。電子レンジの音に気づいたそぶりもなく。私が家事をしている間、子供を見ている事ぐらいはしてくれているだろうと期待していたのだけれど。

 

しかし夫に構う時間はない。電子レンジをいじったのは子供ということになるのだから!

 

慌てて駆けつけると、子供が「ピクニックするの。お弁当におにぎり入れて、公園で食べる。」と、電子レンジの前に置かれたダイニングチェアの上に乗ったまま答える。電子レンジの中には冷凍ご飯が入っている。

 

電子レンジは子供の手の届かない場所に置いてあるので、至近とはいえダイニングから自力で椅子を持ってきて、冷凍庫から出したご飯を電子レンジに入れたようだ。床にはお弁当箱と一口おにぎりの型が散乱していた。

 

 しかし、親が見ていない隙にあれこれ準備している子供の様子を想像するとかわいくて、こうなったら彼の熱意を受け入れるしかない。

 

諦めて、上履きにはもうしばらくバケツの中にいてもらうことにする。子供に危ないから電子レンジを使う時は親に言うよう教えて、おにぎりを作るべく電子レンジを操作して冷凍ご飯の解凍を始めた。

 

子供とこうしておにぎりを作ったり、何かを共に行うのは、人生の喜びと言っていいぐらいの幸せに満ちている。その気持ちに嘘はないけれど、母親は常に事故にならないよう子供を気にかけていないとならなくて、心が休まらない。例えば目を離した隙に電子レンジを使おうとする子供を止めるために。

 

子供の安全に気を配らずに漫画に集中してしまえる夫が、いい父親ぶれる世間に納得いかない気持ちになる日曜日。 

 

電子レンジの扉を閉じた時の電子音、ずっと五月蝿いだけで要らないと思っていたけれど、君のおかげで助かった。君は父親より有能だ。(やけくそ)

小さな勇敢な人

うちの子供は赤ちゃんの頃から、規定量以上のミルクを飲んでもミルクの吐き戻しを全然しない強靭な胃の食いしん坊だ。

そんな彼がこの間咳をした勢いで吐いてしまった時に、すごく狼狽えて、「口から何か出た!」と叫んでいた。

 

嘔吐とかゲロとか吐くだとか、そういう語彙をまだ知らない3歳が未知の状況を伝える為に編み出した彼なりの表現。かわいい。

 

それから一週間ぐらい、咳をする度に「なんか出ちゃう?」って母に訊いては恐れていた。

 

こんな風に彼の世界には未知の事で溢れている。今まで経験したことのない、絵本でも見た事がなくて、言葉すらわからないことが次々と起こっている。

もちろんその大半は大人にとっては取るに足らないことだ。

でも彼にとっては真新しくて、どうやっていいか分からなくて、自分で出来るか不安な事だ。

 

だいたい、つい2年ほど前までご飯だって食べさせて貰っていたのだ。最初はこぼしてばかりだったスプーンとフォークも、いつしかだいぶこぼさなくなったけれど、それは彼のたゆまぬ努力の結果であり、それでもまだ多分大人が扱うように気安くは使えず(事実ヨーグルトはまだ、最後まで掬えない)、毎食それなりの緊張と集中をしているのだと思う。

遊んで疲れた日の夕食で、ぐずって母に食べさせて貰おうとするのも、仕方のない事な気がしてくる。

 

多分まだ身の回りの秩序についても完璧な理解はしていなくて、本人は同じ事をしているつもりだけど怒られる時と怒られない時の違いがわからないとか、そういう事もたくさんあると思う。(単に親の機嫌の事もある)

言葉だってまだまだ。理解も限られているし、表現も限られている。発音が悪くて通じない事もある。

 

それでも毎日、ご機嫌にしょうもないイタズラを思いついては「いい事考えた!」ってキラキラの笑顔で言いながら、チャレンジしてる。大体、失敗するか、親に怒られるかだけど。

 

偉い。偉すぎる。

 

 

 

どんな人にもコンフォートゾーンがある。コンフォートゾーンとは、安心できる場所、行動範囲。いつものルーチン。

 

コンフォートゾーンの外は、誰だってなんだか心細いし、居心地が悪い。失敗した時にかっこ悪いし、恥ずかしい。面倒。お金と時間がない。挑戦しない言い訳ならいくつだってある。そしてついつい繰り返しのルーチンな日々を過ごししまう。

 

今の彼のコンフォートゾーンはあまりに小さい。まだまだ出来ない事が多すぎて、普通に生活しているだけで、すぐにコンフォートゾーンからはみ出して、新しい事に挑戦せざるを得なくなっている。その上、毎日目をキラキラさせては、新しい事に挑戦したいと言ってくるのだ(大抵しょーもない事だけど)。

 

 そして事実、彼は、他の多くの子供と同じように、大人と比べると圧倒的な成長を遂げているわけで。

 

日々キラキラの笑顔でコンフォートゾーンの外で挑戦し、知恵を絞り続ける彼を尊敬する。いつも出来る筈の事が出来ない日があっても、心よくお休みにして甘えさせてあげよう。

 

そして、人付き合いの苦手な私に、彼が強制的に運んで来てくれる、コンフォートゾーンの外に出る機会を目一杯楽しもうじゃないか!お友達のママとのお付き合いとか。

 

 そしてそして、私も彼みたいに、自分からコンフォートゾーンの外に出て、新しい事に挑戦しよう。