或るワーキングマザーの日記

意識高い素敵なワーキングマザーには全然なれない。素敵な奥様なんてからきし無理。でもなんとかボチボチやってます。

お気に入りのスーパー

保育園の帰り、日課のように立ち寄るスーパーがある。

 

保育園の近くの大きいイトーヨーカドー、の向かいにある小さな小さなコープである。

向かいのイトーヨーカドーの野菜売り場と同じぐらいの面積しかないと思う。小さな店だ。夕ご飯の買い物にはちょっと遅い、いつもの時間に行くと、お客さんはどんなに多くても他に2組ぐらいしか居ない、なんなら店員さんのほうが多いことがある店である。

 

イトーヨーカドーではなくそのスーパーに通い始めたのは、なんでか息子がその店に行きたいと言って譲らなかったから。でも、今では母もお気に入りの店だ。

 

まず、店が小さいのが良い。目を離すとすぐどこかに行ってしまう息子をすぐに見つけることができる。他のお客さんは少ないから迷惑をかける可能性も圧倒的に低い。

向かいのイトーヨーカドーだったら、お菓子売り場に一人にするのもまだ躊躇うけれど、この店だったら大丈夫。どの売り場もすぐだから買い物しながら30秒ごとに様子を確認できる。

それから、これは通ううちに気がついたのだけれど、お菓子売り場はレジのすぐそばで、レジに立っている店員さんが息子のことを実は気にかけてくれている。なんせ、客は私たちの他に2人いれば良い方、つまりレジも大抵空いているのだ。もちろん、そんなこと全然期待してなかったけれど。

例えば会計の時に、私との激しいバトルの末、2つ欲しがっていたお菓子を一つに絞った息子を褒めてくれたりして、私と息子の会話は全部聞かれていたこと、気にかけてもらっていたことを知るのである。

 

 

ある日、珍しくレジに会計中のお客さんがいた。その後ろに並んで、レジ台にカゴを置くと、並突然息子が自分のおやつを引っ掴んでレジの中に入り、バーコードをスキャンしてしまった。

 

本当にあっと言う間。一瞬の隙を付かれた。確かに、彼はずっとレジのスキャンがやってみたくてしょうがなさそうではあった。でも、最近は言わなくなったので油断していた。

 

なにせ前のお客さんのレジはまだ終わっていない。慌てて前のお客さんと店員さんに謝りながら、店員さんに商品のキャンセルをお願いして、息子を強制的に確保してレジの列から離れる。

空いているお店の最もお客さんの来ない場所まで無理やり連れて行って説教である。

 

そんなことをする子はもうスーパーに連れて来れないと叱る。息子は、母の剣幕に意固地になって、激しく泣くだけである。親が強く叱れば叱る程、反発して言うことを聞かない。知ってる、私もそういう子供だった。しかし、これは譲れない。何度も念を押す。息子はますます反発して泣き叫ぶ。全然終わらない。

 

そろそろ、このままぎゃん泣きの息子が店内にいることも迷惑だと感じ始める。いくら客の少ない店の、滅多に客のこない売り切ればかりの惣菜コーナーに移動しているとはいえ。他に1人ぐらいしか客がいないとはいえ。

 

店員さんかこちらを伺っているのもわかる。何度も言うけれど、何せ小さい店なのだ。叱る声は全部聞こえているだろう。

 

何度目かの念押しで、「もうやらないでね?連れて来れないからね。」というと、

「じゃあこれ読んで。」

とその辺にあったポスターの文字を全部読むことを要求してくる。

「読んだら、もうやらないんだよ?」

息子が初めて小さく小さくうなずく。

意味不明だ。しかし、これ以上お店に迷惑をかけるわけにもいくまい。読み上げる。

 

 

なんとか落ち着いた息子を連れて、今度は誰も並んでいなかったレジでお会計をしていると、レジのおじさんが(もちろん、さっき迷惑をかけたおじさんだ)

「僕も子供の頃こんなだった気がするんです」

と優しく笑いながら言ってくれたのである。

 

こんなの、泣く。

 

「本当にすみません」とぺこぺこ頭を下げながら、お金を払う。

 

隣のイトーヨーカドーみたいに洗練されたザお客様は神様ですって感じの接客じゃない。でも、ちょっと素朴だけど、逆に言えば、マニュアルじゃない暖かい接客をしてくれる。ここでは、息子も、私も、受け入れられている。

 

初めて店内で「トイレ!」と息子が叫んだ時、近くで品出ししていた店員さんが間髪いれず「あっちよ!」と場所を教えてくれたこと。会計の時レジにいたその店員さんが「間に合ってよかったね」と言ってくれたこと。

 

2列に積んであるお店の入り口のカゴを、いつも同じ高さに揃えないと気が済まない息子に、今日もなのねと笑って、やらせてくれること。

 

これが、地域の中で子供を育てるってことなのかも知れない。

 

私自身、郊外で暮らして、イトーヨーカドー的スーパーに通って育ち、こんな経験を子供の頃にした記憶がない。

いつもいくお店に自分の成長に目を細めてくれる顔見知りの店員さんがいるって幸せだ。こうやって息子が、親や保育園の先生以外の大人に受け入れられる経験を出来ることが本当にありがたいと思う。

 

お菓子の品揃えだってイマイチなこの店に、何故か息子が通いたがるのは、彼自身がこの店に受け入れられている事を感じているからかもしれない。

 

これからも保育園を卒業するまでずっと通うから、なくならないでね。

いつもお客さんがいないから潰れないかすごくすごく不安だけど。

 

 

 

 

 

 

 

とってもかわいいから

子供に悪い癖がついてしまった。

 

仕上げ磨きの時、親のスマホで動画を見たがるのだ。歯磨き中暴れる子供を何とか大人しくさせる為に、夫が始めた事だけど、母が磨く時も何か見せろと要求してくるようになるまで時間はかからなかった。ていうか、そんなもの翌日だよね。パパに見せて貰った次の日には、歯磨き中の動画を母に要求してくるようになった。

 

そして、いつしか、父より母に磨いてもらいたがるようになった。なぜなら、父なら歯磨き終了とともに即動画を止められるが、母だとゴネねることによって、今見ている動画の終了まで見れるからである。

 

だから息子は断然母に歯磨きしてもらいたいのである。歯磨きはどうでも良くて、1分1秒でも長く動画が見たいだけであるが。

 

「ママ歯磨きして?」

昨日も要求してきた息子に、洗濯物を干したくて

「お洗濯物干すから、パパとやって?」と答えると、

「ママがいいの。」

どうせスマホの動画目当てだと知りつつも、

「どうして?」と訊くと

「だって、ママの方がとってもかわいいから!」

と満面の笑顔。

 

敵も知恵を絞って来るようになったぞ…

こう言えばきっとママが磨いてくれるはずと言う、してやったぞという笑顔がかわいい。断れない。かわいいのは君だよ!

 

仕方ない。洗濯は夫に押しつけて、母が息子の歯を磨いたのであった。

 

ちなみに歯磨きのしつこさ(時間の長さ)とか、口をきちんと開けないとスグ怒るとか、そう言うのは母の方が断然上だと思う。だけど、動画の前には小さい問題のようで…

 

当分母が仕上げ磨きする事になりそう。仕方ない、だってとってもかわいいんだもん。

 

 

 

 

耐え難き人生の理不尽

夫は時々、休日の夕方に、お風呂にゆっくり浸かりながら、ツマミを食べ、お酒を飲む。

 

お風呂でお酒を飲むのは体にも良くないし、行儀も良いとは言えないから、辞めて欲しいと常々思っているが、辞めてはくれない。

 

 

ーーーー

 

 

夫の帰りが遅かった昨日、普段何度言ってもなかなかお風呂に入ろうとしない息子が、何故か自分から服を脱いでお風呂に消えてった。

 

珍しいと思いながら、慌ててご飯を片付けて風呂に追いかけると、勝手に出したおやつとお茶をお風呂に持ち込んで、湯船に浸かりながら、ポリポリ食べているではないか。

 

完全にパパのマネである。

 

夫がやっている以上、あまり怒るわけにもいかないじゃないか。食べ終わったら体を洗うと言うので、のんびり湯船に浸かりながらゆっくりおやつを食べるのを、ひたすらに待つ。…待つ。

 

そのうち自分がのぼせてきたので、

「先に上がってるからね。体洗うとき教えて」とお風呂のドアを開けると、いつの間にか夫が家に帰ってきていた。(我が家はお風呂からリビングが見える)

 

「パパ、帰ってきているよ。」

 

母の声にリビングを確認し、夫を見つけた息子は、その瞬間に、な、何と、おやつをサッと自分の背中に隠したのである!

 

イヤ、ちょっと待って。

君がママの前では聞かん坊で、パパの前ではいい子なの知ってるけどね。でもね。

それはパパのマネだよね?何でパパに怒られると思って隠すの?この場合、怒りたいのは、どっちかと言うとママです!

 

こういうことは、ママに秘密で、男同士、パパと2人きりの時にやって頂きたい!何でママが付き合わないとならないのさ!

 

 

仕方ないから、そのままお風呂交代して、息子の体を洗うのはパパにやってもらったけれど。

でも、まだ、全然納得いかないな。

 

新しい赤ちゃん、またの名をトイレットペーパー

保育園帰りに寄ったスーパーの軒先で売っていたトイレットペーパー(もちろん12ロール入り)に、息子が抱きついて、「赤ちゃん!」と離さない。

取り上げようとするも力が強くて、これ以上頑張って取り上げようとすると、トイレットペーパーの薄いビニル袋が、伸びてしまって売り物にならなくなりそう。…仕方ないから諦めてサッサと購入。

 

買い物を終えて、帰り道。自転車の後ろに乗った息子に「赤ちゃん、1人じゃ乗れないから抱っこしてあげてね」と、トイレットペーパーを持ってもらうことにする。そもそも、保育園の荷物と、スーパーの買い物で自転車の前カゴはいっぱいなのだ。

 

信号待ちの時、後ろに座った息子がゴソゴソ動いているので、振り返ると、デカい荷物を抱きしめ続けることに疲れたようで、トイレットペーパーが今にも落ちそう。

 

慌てて、「赤ちゃん落ちそう!ちゃんと抱っこしてて!落ちたら怪我しちゃうよ。」と言ったら

 

前で同じく信号を待っていた人がギョっとして振り返った。

 

あ!!すみません。本当は赤ちゃんじゃなくてトイレットペーパーなんです…

 

振り返って、子供乗せから大きくはみ出したトイレットペーパーを確認したその人は、可笑しそうに笑って、また前を向いた。

 

ふ〜、危なかった。赤ちゃんを子供に抱っこさせて自転車に乗る虐待親かと思われるところだった。

 

振り向いてくれてありがとう!

 

 

ちなみに、息子が「赤ちゃんもネンネするんだよ」と主張したので、本日「赤ちゃん」は私と息子の布団に並んで寝ています。

 

布団に転がるトイレットペーパーのパック。香り付きのため、ほんのり漂う香料の匂い。本当に邪魔です。

 

ではよい夢を。

 

 

理不尽上司に学んだ子育て

昔々、理不尽系の上司がいた。

 

すごく偉い人で、下で働いている先輩がいつも上司の横暴を嘆いていた。

 

先輩はしばしば海外に出張していたのだが、いつも帰ってきてお土産をくれながら言うには、「現地時間で現地の人と会議して、日本時間で日本の仕事をして」いてホテルにはシャワー浴びるぐらいしか帰れなかったらしい。

 

ある時には、その横暴上司に「夜寝てないんだから、出張の時ホテル要らなくない?」と言われたと怒っていた。まあ、ホテル予約なしじゃどの国も入国審査通らないだろうから、ホテルは抑えざるを得ないから大丈夫!(そういうことじゃない)

 

まあ、そんな感じでその先輩は横暴上司についていつも愚痴っていたのだが、ある時、下っ端の私がその横暴上司と仕事をすることになった。

 

それは、ある会報誌の上司のコラムの代筆だった。代筆、又の名をゴーストライター。横暴上司は出世しているだけあってものすごく頭が良く、回転も早いのだが、回転が早すぎるのと、推敲をキチンとしないせいで、書いた文章には、主語と述語が合っていないレベルの間違いが含まれていて、めちゃくちゃなのである。

 

という訳で、最初は上司の文章を上司と推敲して、「ここで言いたいのはコレですよね?では、こう変えましょう。」みたいなことから始まって、そのうち、トピックだけ上司に指定されて原稿を丸々書くようになったのだ。

 

先輩から横暴ぶりについて聞いていたので、最初は大いに恐れながら仕事をしていたのだが、丸々代筆するようになっても、一向に上司は横暴にならなかった。

 

私が女性だから遠慮があったのかもしれないけれど…それより仕事が代筆だった事に理由があったと思う。

 

私がしたのは紛うことなき代筆だった。コラムに掲載されるのは上司の名前であり、私の名前は出ない。つまり究極的にそれは上司の仕事で、編集さんに対しても原稿の遅れその他全てのトラブルは表向き全て上司の責任だった。(上司は見栄っ張りでもあるのだ。)

 

上司からなかなかトピックが貰えなくても、原稿のレビューをしてもらえなくても(流石に提出前に確認してもらっていた)、最終的に名前に傷が付くのは上司である。

 

だから私はいつも、「早く〇〇してくれないと、上司が困ることになりますよ」という気分だった。もちろんそんなことは言わなかったけれど。

 

一方で先輩は、今考えるとすごいドMだった。嬉々として横暴上司の世話を焼いて、上司の失敗を素晴らしい手腕でリカバーする。

そして、リカバー出来ない時(誰にだって限界はある)、何故か上司に先輩が叱られていた。いや、そこ、悪いの上司じゃん。と私は心のなかで思う。

 

素晴らしく頭の回転が早く、仕事の出来る上司は、子供みたいな性格だった。頭が良すぎて、人格的に大人にらならなくても、済んでしまったのだと思う。先輩が下手に出てくるものだからどんどん増長していただけなのだ。

 

自分の責任にない事を、自分の責任のように謝ると、ある種の人を増長させるという事を、その時学んだのだ。それから、どんな人間でも、それが自分事だと思わせる事が出来れば、ある程度動かせることも。

 

そして、子供が生まれてしばらくして気がついた。子供とは、あの横暴上司そっくりの、いやもっとタチの悪い生き物である事を。

 

朝イチの会議の為にいつもより早く保育園に行きたくても、子供にとっては知ったこっちゃない。優雅にゴネて、全ての努力を無にしてくれる。ですよね〜、私の都合ですもんね。

 

トイレトレでも、お絵かきでも、親がやらせたいとアレコレ頑張っても、本人はどこ吹く風。全くヤル気なし。だって本人が必要性を感じてないんだもん。

 

ハミガキだけは、散々ハミガキしないと虫歯になって歯が痛くなると言い含めると、歯を磨いてくれと自分から言うようになった。

まぁ、その前に「ママはいいんだよ〜、磨かなくても別に。歯が痛くなったら可愛そうだなって思って磨く?って聞いただけだから」ってたっぷり脅しているけれど。

 

そんなわけで、なんとか日々の諸問題を子供の自分事にして、自主的に動いてくれるようにならないか日々知恵を絞って、今日も朝イチの会議に遅刻しないように、子供を拝み倒して自転車に乗せています。(←結局全然出来てない

 

 

 

 

 

 

 

 

グリンピース記念日

保育園帰りの買い物中、スーパーの缶詰売り場で、突然息子がグリンピースの缶詰を欲しがった。

彼にはこういうところがある。突然、手ぶらで帰ってなるものかと決意する瞬間というか、ワガママを聞いてもらいたい!というモードになるというか。

 

驚いて、「ちゃんと食べるの?緑のお野菜全然食べないのに?」と聞くと、

得意満面の息子は、人差し指を立てた手を顔の横に置いて、ピンピン強調しながら、

「えっ?〇〇(自分の名前)君、ブロッコリーたべるよ?」

「よーく考えて?ブロッコリーは、な・に・い・ろ?」

と母に考えさせようとする。4歳、最近大げさなジェスチャーを付けて来るようになった。やばい、うざ可愛い。

そういえば、最近、ブロッコリー食べるようになったんだった。迂闊だった。

 

しかし、ブロッコリーは食べるけど、別に好きではないことを思い出したらしく、グリンピースの缶詰は素直に棚に戻され、買わずに済んだ。こうやって説得に応じてくれる所も成長である。感涙。

 

缶詰が欲しいと君が言ったから、今日はグリンピース記念日

 

 

 

 

素晴らしき哉、4歳。

ある晩、事情がありまったく寝ない息子にしびれを切らした。

母「早く寝ないとお化けくるよ?」
子「何時になったらくる?12時?」
母「10時になったらくるよ。」
10時まではあと5分。
子「12時だよ」
母「10時になったら来るんだよ。今日はどのお化けが来ると思う?」
子 …
母「一つ目小僧かな?」
子「そういうこといわないの!一つ目小僧って言ってると、本当に一つ目小僧がくるよ!!」
母「ごめん」
子「来たら怖いでしょ!」
 
この会話の歓びが分からないものは幸いである。きっと、延々と意味のわからない会話モドキに付き合わされた経験がないのだ!
 
長かった。泣き声だけで全てを察しないとならないとこから始まり4年。これまでかすかなヒントを元に推理力を振り絞って、子供の要望に応えてきたけれど、4歳ってすごい。ワンダフル!
こんなにちゃんと会話が続くもんなんだな。