或るワーキングマザーの日記

意識高い素敵なワーキングマザーには全然なれない。素敵な奥様なんてからきし無理。でもなんとかボチボチやってます。

電子レンジで危機一髪

休日の朝、洗面所で3歳の子供の保育園の上履きを洗っていると、誰もいないはずのキッチンから、電子レンジの扉を閉じた時に鳴る「ピッ」って音がかすかに聞こえた。

 

夫の姿を探すと、隣の部屋で布団に潜り込んでスマホで漫画を読んでいる。電子レンジの音に気づいたそぶりもなく。私が家事をしている間、子供を見ている事ぐらいはしてくれているだろうと期待していたのだけれど。

 

しかし夫に構う時間はない。電子レンジをいじったのは子供ということになるのだから!

 

慌てて駆けつけると、子供が「ピクニックするの。お弁当におにぎり入れて、公園で食べる。」と、電子レンジの前に置かれたダイニングチェアの上に乗ったまま答える。電子レンジの中には冷凍ご飯が入っている。

 

電子レンジは子供の手の届かない場所に置いてあるので、至近とはいえダイニングから自力で椅子を持ってきて、冷凍庫から出したご飯を電子レンジに入れたようだ。床にはお弁当箱と一口おにぎりの型が散乱していた。

 

 しかし、親が見ていない隙にあれこれ準備している子供の様子を想像するとかわいくて、こうなったら彼の熱意を受け入れるしかない。

 

諦めて、上履きにはもうしばらくバケツの中にいてもらうことにする。子供に危ないから電子レンジを使う時は親に言うよう教えて、おにぎりを作るべく電子レンジを操作して冷凍ご飯の解凍を始めた。

 

子供とこうしておにぎりを作ったり、何かを共に行うのは、人生の喜びと言っていいぐらいの幸せに満ちている。その気持ちに嘘はないけれど、母親は常に事故にならないよう子供を気にかけていないとならなくて、心が休まらない。例えば目を離した隙に電子レンジを使おうとする子供を止めるために。

 

子供の安全に気を配らずに漫画に集中してしまえる夫が、いい父親ぶれる世間に納得いかない気持ちになる日曜日。 

 

電子レンジの扉を閉じた時の電子音、ずっと五月蝿いだけで要らないと思っていたけれど、君のおかげで助かった。君は父親より有能だ。(やけくそ)

小さな勇敢な人

うちの子供は赤ちゃんの頃から、規定量以上のミルクを飲んでもミルクの吐き戻しを全然しない強靭な胃の食いしん坊だ。

そんな彼がこの間咳をした勢いで吐いてしまった時に、すごく狼狽えて、「口から何か出た!」と叫んでいた。

 

嘔吐とかゲロとか吐くだとか、そういう語彙をまだ知らない3歳が未知の状況を伝える為に編み出した彼なりの表現。かわいい。

 

それから一週間ぐらい、咳をする度に「なんか出ちゃう?」って母に訊いては恐れていた。

 

こんな風に彼の世界には未知の事で溢れている。今まで経験したことのない、絵本でも見た事がなくて、言葉すらわからないことが次々と起こっている。

もちろんその大半は大人にとっては取るに足らないことだ。

でも彼にとっては真新しくて、どうやっていいか分からなくて、自分で出来るか不安な事だ。

 

だいたい、つい2年ほど前までご飯だって食べさせて貰っていたのだ。最初はこぼしてばかりだったスプーンとフォークも、いつしかだいぶこぼさなくなったけれど、それは彼のたゆまぬ努力の結果であり、それでもまだ多分大人が扱うように気安くは使えず(事実ヨーグルトはまだ、最後まで掬えない)、毎食それなりの緊張と集中をしているのだと思う。

遊んで疲れた日の夕食で、ぐずって母に食べさせて貰おうとするのも、仕方のない事な気がしてくる。

 

多分まだ身の回りの秩序についても完璧な理解はしていなくて、本人は同じ事をしているつもりだけど怒られる時と怒られない時の違いがわからないとか、そういう事もたくさんあると思う。(単に親の機嫌の事もある)

言葉だってまだまだ。理解も限られているし、表現も限られている。発音が悪くて通じない事もある。

 

それでも毎日、ご機嫌にしょうもないイタズラを思いついては「いい事考えた!」ってキラキラの笑顔で言いながら、チャレンジしてる。大体、失敗するか、親に怒られるかだけど。

 

偉い。偉すぎる。

 

 

 

どんな人にもコンフォートゾーンがある。コンフォートゾーンとは、安心できる場所、行動範囲。いつものルーチン。

 

コンフォートゾーンの外は、誰だってなんだか心細いし、居心地が悪い。失敗した時にかっこ悪いし、恥ずかしい。面倒。お金と時間がない。挑戦しない言い訳ならいくつだってある。そしてついつい繰り返しのルーチンな日々を過ごししまう。

 

今の彼のコンフォートゾーンはあまりに小さい。まだまだ出来ない事が多すぎて、普通に生活しているだけで、すぐにコンフォートゾーンからはみ出して、新しい事に挑戦せざるを得なくなっている。その上、毎日目をキラキラさせては、新しい事に挑戦したいと言ってくるのだ(大抵しょーもない事だけど)。

 

 そして事実、彼は、他の多くの子供と同じように、大人と比べると圧倒的な成長を遂げているわけで。

 

日々キラキラの笑顔でコンフォートゾーンの外で挑戦し、知恵を絞り続ける彼を尊敬する。いつも出来る筈の事が出来ない日があっても、心よくお休みにして甘えさせてあげよう。

 

そして、人付き合いの苦手な私に、彼が強制的に運んで来てくれる、コンフォートゾーンの外に出る機会を目一杯楽しもうじゃないか!お友達のママとのお付き合いとか。

 

 そしてそして、私も彼みたいに、自分からコンフォートゾーンの外に出て、新しい事に挑戦しよう。

 

眠れない夜に

先日の保育園のお迎えコールのあと、幸い子供の熱はすぐ下がったけれど、夜中に咳で起きて、今までになく苦しそうにしていた。と思ったらそのまま嘔吐。咳をする勢いで吐いてしまったみたいだけど、全然消化されていなかった晩御飯を見て、胃腸の調子も万全でなかったことを知る。

 

 それから一週間。回数はだいぶ減って来たけれど、まだまだ夜中に起きては咳をしている。これが、夜泣きの比ではなく目が醒める。子供が咳をしだしたら、さっと吐瀉物を受け止めるボウルをセットして、布団が汚れるのを防ぐ必要があるためだ。その俊敏な動作をしてしまうと、パッと目が冴えてしまい、その後子供が再び眠りについても、母はなかなか眠れなくなる。

 

 眠れない夜はいろんなことを考える。隣で眠る、私のお腹から出てきたとは思えないぐらい大きくなった小さな生き物のこと。私たち2人に(或いは夫を含む3人に)これから起こること、それから彼が1人で、或いは父母とは別の誰かと見る景色のこと。

 

深夜のセンチメンタリズムであれこれ考えているといつしかパイオニアボイジャーの事を考えてた。1970年代に宇宙を旅する為に作られた、4台の宇宙探査機。打ち上げられてから長い間、私たちにまだ見ぬ宇宙の事をたくさん教えてくれた。パイオニアはもう交信することも出来ない。私たちから宇宙の果てで出会う誰かの為のメッセージを乗せて、遠くへ旅し続ける、宇宙の広さに比べて小さな小さな探査機たち。

 

子供も同じ。私のお腹から生まれて、もうしばらくは地球から交信して彼の旅を見守ることが出来るけれど、きっとあっという間に大きくなって私の手の届かぬところへ冒険に出かけてしまう。親ができるのは、交信できるうちにそれから先の彼の旅が幸せなものになるように準備すること。いつかスイングバイで彼がぐんと加速できる様に、彼に合う素敵な航路を見つけてあげること。それからまだ見ぬ誰かへのメッセージを彼の中にそっと植えること。

 

そしてきっと、もうしばらくは彼が私の見たことなかった景色を私の元へ運んでくれるだろう。

お迎えコール(シーズン3 - 2歳クラス編)

最近またうちの子供の調子が悪い。時々コホコホと苦しそうに咳をしている。

 

もともとうちの子供は気管支が弱い。幼い子供はみんなそういう生き物なのかもしれないけれど、保育園に入った最初の6月に気管支炎になって2週間も保育園を休んだ。それからも、風邪を引くとすぐ怪しげな咳をしては、その度母を戦慄させていた。

 

それでも3歳を越えて、最近はめっきり熱を出して寝込むことがなくなっていたのだけれど、先週ぐらいから、夜寝る前などにコホコホ咳をしていた。それでも昼間は元気に保育園に行き、お迎えに行っても遊び足りないとゴネるのだから、随分と逞しくなったものである。

 

なんて悠長に構えていたら、疲れが溜まったのか、熱を出して久々の保育園お迎えコール(何故か母に1番に

 

幸い熱は大したことはなくて一晩で下がったけれども、夜中に怪しい咳をしている。早く元気になるといいね。(眠い目をこすりながら)

母のガチャガチャ トライアンドエラー

子供のインフルエンザの予防接種に病院に行きました。

 

最近、物事が一段とわかってきた3歳、ここのところ予防接種は無理やり拘束して受けさせないとならなくなりまして。

 

病院に入ることさえ嫌がるので、終わったらスーパーで好きなガチャガチャやらせてあげると約束して、なんとか建物内に。もちろん診察室には強制連行だった…。

 

注射が終わって約束のガチャガチャのためにスーパーに行くと、こんな時に限ってガチャガチャのラインナップがイマイチで、子供の好きなカプセルプラレールやトミカがなかった。

 

子供もがっかりしつつ、選んだのは、ヒーローものの、ガチャポン。全然見たことないから、なんのオモチャかすらわからないレベル。しかも一回400円。骨髄反射で、「高いからダメ」と却下してしまった。

 

次に選んだのも、見たことないヒーローもののオモチャ、300円。武器とか乗り物とか、お話知らないから遊びようがない感じのもの。

 

咄嗟に「ドラえもんあるよ!パンダさんあるよ!」と子供を誘導し、パンダの人形のガチャを回したんだけど、今になって反省している。

 

「なんでも好きなガチャを」と約束したのだから、遊ばないとわかっていても最初に選んだ物を買ってあげればよかった。たかが100円200円じゃないか。

 

今回の事で、子供が「自分の選択を尊重してもらえない」ことを学習してしまっているとしたらそれは、ガチャの代金300円400円の損失では済まないのだ。

 

どう考えても、私の行動は、良くて「ママは約束を守らない」であり、悪くて「自分の選択は尊重されない」を学習させている。

 

運良くインフルエンザの予防接種はすぐ次があるから、絶対にその時のガチャガチャは、子供が最初に選んだ物をやらせてあげよう。

どんなに高くて遊ばないと思っても笑顔で「よし、それにしよう」って言ってあげよう。

見てないヒーローもののオモチャ買っても遊び方が分からないのも、経験してみないと自分ではわからないよね。それに、もしかしたら遊び方が分からなくても、いっぱいあそぶかもしれないし。

 

子育て初めてだから、母だって完璧ではない。ごめんね。君と同じで、失敗もするよ。でも、失敗するのは挑戦してるから、でしょう?ぐんぐん成長する君と一緒に、母として成長するよ!

 

 

 

 

 

 

 

仕事と育児の精神的ベストカレントプラクティスを求めて

この週末、第2種電気工事士の試験でした。6割と必要点数が低いので、あまり事前に勉強はせず、直前に細かい暗記を詰め込んで、何とか合格点に持ち込む作戦で。

そんな風に直前に知識を脳みそに叩き込んでいると、最後2日ぐらい意識が試験に向けられてしまって、子供の相手をしてもどこか心ここに在らずみたいな感じになってしまっていた。

 

試験が終わってやっと子供といつも通り向き合えるようになったのだけれど、もし仕事がいつもストレスフルで、自分の能力ギリギリを要求されていたら、この試験前の様に、いつも上の空で子供の相手をしてしまう事になるかもしれない。と思った。

 

そうならないように、出来る限り自分のストレス耐性と切り替え能力を上げる努力をしていかないといけないなと思う一方で、今まで、私は子育てによる仕事の時間的制限しか考えてなかったけれど、精神的な制限もある事に(やっと)思い至った。

仕事によってストレスもいろいろ、人のストレス耐性もいろいろだから、子育てにおいて、精神的余裕のためにマミートラック(として補佐的な業務に回る事)を自分から選ぶ人も居るのが、やっと理解できた。

 

昔の上司の奥さんはプログラマだったのだけれど、上司が「プログラマは家に帰ってもプログラムのことを考えてしまうから、(母親として)良くない。」と、奥さんを社内ITへ転職させたのだそうだ。

 

若かった私はその話を聞き「なんたる横暴」と上司に内心憤慨したのだけれど、今となっては賛同できなくとも、言わんとするところはわかる。という気持ちになった。

 

奥さんが納得していれば、それはそれで子供にとっていいかもしれない。

 

私はプログラマがダメで社内ITなら良いってものでもないと思うし、もし夫に同じことを要求されたら、「自分(夫)が、そういう職について、子供の事を気にかければいいんじゃない?何で私に要求するの?」ってお断りするけれど。

 

ストレスギリギリのところで仕事すると成長できるのも事実だし、楽しいし、でも子供とも向き合いたいし。

なかなかバランスは難しくて答えはない。なんだか世間ではどう選んでもどこか足りないと、何かしら批判される気もするけれど、答えはないからこそその人が選んだバランスがその人の今の正解だと認めあいたい。ベストカレントプラクティス。

子供の性格が違えば、仕事が違えば、最適解も違う。人の能力だってそれぞれ。あなたの選んだ道がユアベストカレントプラクティス。

 

子供が成長すれば、仕事が変化すれば、自分が成長すれば、また最適解も変わってくるかもしれない。そうしたら、また私たちは新しい最適解を探すからさ。

時短ママvsフルタイムママ(分割して統治せよ)

夜中に子供に起こされてつい見てしまったTwitter

時短ママが「同僚の実母の協力を得てフルタイムに復帰してるママ」をdisっているのを見てしまって眠れなくなってしまった。

 

曰く、フルタイム復帰ママが、家で料理してなくて、子供が実母の方に懐いていることについて、子供にしわ寄せが来ていると。

 

それを読んでなんだか眠れなくなってしまって色々考えた。

 

料理しないのも、実母に懐いているのも、フルタイム復帰ママの謙遜かも知れないけれど、本当にそうだったとしても、しわ寄せって何だ?

家族の形がどんなでも、子供が幸せならそれでいいんじゃない?

 

そのお子さんはきっと実母に懐くぐらい、美味しいご飯を食べさせて貰っているし、可愛がられてもいる。どうして、ご飯作ったり可愛がるのが、母親じゃないといけないんだろう?

父子家庭だったら?母親が居ない家庭なら祖母でもいいの?母親がいなければしょうがないから許してやる的な?

 

母親に向いてない人が、他の人の協力を得て子供を育てても良いと思う。

そういう人は子供を持つべきではないの?じゃあ、母親に向いてるってどのラインをクリアすればいいの?

その考え方でいくと、理想の母親になれる人以外は子供をもつべきでなくなってしまうんじゃないかな。

 

聖母信仰的なその考え方が社会に蔓延していて、専業主婦でも時短でもフルタイムでも子育てがハードモードになりすぎて、辛いからこそ、社会の空気を変えたいって動きになって来てるんだよね?

 

私も、私の子供に与えたい物があるから、自分では選ばない人生の選択肢はある。でも、人はヒト。

 

自分では選ばなかった選択肢を選んでいる人を、自分の価値観だけで批判するのはナシにしようよ。

 

子供がお腹を空かせてなくて、最低限の清潔さがあって、暴力を振るわれてなくて、キチンと愛情持ってお世話してくれる人が保育園でも祖母でもいたら、そこから先は言いっこなしでしょ。

 

人生の選択の結果を引き受ける限り、そして結局のところ、誰しも結果を引き受けざるを得ないのだから、社会的な圧力なしに、好きな生き方を選ぶことが尊重される社会にしようよ。