或るワーキングマザーの日記

意識高い素敵なワーキングマザーには全然なれない。素敵な奥様なんてからきし無理。でもなんとかボチボチやってます。

虫取りに夢中

子供が生き物に夢中である。

 

3月のおたまじゃくしに始まり3ヶ月で我が家にやってきたいろいろな生き物がやってきた。まあお世話をしているのは主に親だけど。保育園がお休みになって、お友達に会えない寂しさを生き物に向けて紛らわせているのかもしれない。

 

オタマジャクシ

3月、自然科学専攻の親の企みで、公園で死ぬほどオタマジャクシを捕まえた。全部持って帰りたいとねだるので、交渉に交渉をかさねて減らしてもらった12匹を家で育て始めた。

途中、子供が隠れ家となる石を落としてしまったため1匹が亡くなるという不幸な事故があった。マンションの垣根にこっそり穴を掘ってお墓を作った。

 

残り11匹を数週間、金魚の餌で育て、カエルになったので、息子を必死に説得して公園に帰した。だってカエルは生きた虫しか食べないっていうから…

 

そこから、息子の何かを捕まえたい!という欲求が高まってしまった様子。この当時彼に捕まえられるのは、死ぬほどいるから網を突っ込めば1匹はひっかかるオタマジャクシか、動きの遅いダンゴムシくらいって感じだったけれど。夏になれば100均に虫取り網が出るから、そうしたら買ってあげようと思っている間に、夫に100円ではない虫取り網を買ってもらっていた。そして蝶を追いかけては、網を振り回していた。全くかすりもしてなかったけど。

犠牲:✝️ (野生よりはよっぽどマシ)

ダンゴムシ

初期に大量に犠牲になっていただきました。最初はこれぐらいしか捕まえられなかったのである。だいたい一晩でお帰りいただいていたけれど、小さな虫かごではすぐに干からびて、一晩で全滅していたことも。

犠牲: ✝️✝️✝️✝️✝️

てんとう虫

ダンゴムシとオタマジャクシの次に捕まえられるようになったのが、てんとう虫。網がなくてもタイミングを合わせれば素手でも捕まえられるからね。今でも蝶などが捕まえられなかった時に、妥協的に捕まえている。てんとう虫としてはとんだとばっちりである。

犠牲: ✝️✝️✝️✝️✝️

アメリカザリガニ

外来種であるアメリカザリガニだけ採取が許されている自然公園があり、ザリガニ釣りに熱中したこともあった。でも、ザリガニを釣るには結構長い間静かにじっとしていないといけなくて、まだちょっと難しかった。結局、全然つれなくて、一瞬で飽きた。が、その時にお兄さんにもらったザリガニを持ち帰ってきて、まだ家にいる。もはや我が家の次男(性別未確認)。息子は普段エサをあげるとき以外、見向きもしない。親が水換えなどのお世話をしている。最近、苦しそうなので、とうとうエアポンプを導入した。

一度、朝起きたら脱皮していたことがあって、その時は興味深そうに見ていた。本当は脱皮する瞬間を見せてあげたかったんだけど、全然気がつかなかった。次のチャンスは頑張りたいと、脱皮の兆候を親が勉強している。

犠牲:いまのところゼロ。しかし外来生物で自然には帰せないので、1になる予定。

最初は蝶を息子が自分で捕まえるなんて夢のまた夢だった。夫が捕まえたアゲハ蝶を連れ帰ったことがあったが、虫かごに入れただけで置いておいたら一晩でお亡くなりになった。次回から必ず砂糖水を用意するようにした。モンシロチョウは全然吸っている様子がなかったけれど、シジミ蝶はカゴに入れた瞬間から砂糖水にとまって吸っていた。蝶が口を伸ばす様子を子供と見れたのは感動。

 

そうこうしているうちに、いつの間にかモンシロチョウぐらいなら自分で捕まえられるようになった。成長すごい。でも、カゴに移すのはまだできない。

 

そしてある日、公園のツツジに来ていたクロススジアゲハを捕まえた。虫かごに移してあげるために近づくと、飛んでいる時よりずっと大きくみえる蝶が大きな羽音を立てている。思わず一瞬怯んでしまったスキに虫取り網と地面の間の隙間から逃げていった。残念だったような、よかったような。まあ、あれから何度も文句を言われ、母が逃してしまったことは永遠に語り継がれそうだけど。

犠牲: ✝️✝️

トカゲ

夫が捕まえたというトカゲを連れ帰ってきた。いや、子供に捕まえるのチャレンジさせてよ。と思いながら、クリクリのお目目が可愛く思わず「コオロギ ss」で楽天をチェック。でもやっぱりムリ。夫も自分で全部世話をする覚悟はないっぽくて、一晩でお帰りいただいた。

犠牲: ゼロ

アゲハ蝶(幼虫)

夫(と子供)が連れて帰ったアゲハ蝶の幼虫。ミカンの葉しか食べないというので奔走し、結局メルカリで買った。すごいなメルカリ。なんでも売っている。そして、そこそこ田舎育ちの私、大人になって、まさか葉っぱを買うことになるとは思っていなかったよ。カブトムシをデパートで買うと噂される都会人みたいじゃない???

飼いだしてから一度脱皮して鳥のフンみたいな形から、5齢幼虫(アオムシ)になった。前後2−3日元気がなくて、新米(イモムシ)母さんをドキドキさせた。

 犠牲: 今の所生きている。でも、幼虫には寄生虫がついているものが多いらしくて、動かなくなるたびドキドキしている。

 

----

 

夏になって、コロナが収まっていたら、カブトムシに採りに行きたいな〜。

 

蘇る、かけ算の順序問題

とろろさんがご紹介の幼児向け動画コンテンツ、Numberblocks。

 

www.tonarinotororodesu.tokyo

 

いっちょ、うちの子も賢くなっていただこうということで、時々見せている。保育園もなくなって、子供の時間潰しに四苦八苦しているし。

 

仕事をしつつ、 テレビを見ている子供を流し見していたら、あるとき出てきた画面にびっくりした。

 

 

 

みなさんご存知NumberBlocksは、算数の基礎を教える子供向け教育番組である。イギリスの国営放送であるBBCが制作放映している。日本で言えば、NHKの教育テレビである。内容はお墨付きである。

  

子供が見ていたのは、Numberblocksのシーズン4にある、掛け算をテーマにしたFun Timer Fairというお話。緑の丸いカエルの数を数えようとしている。

 

f:id:busy_bee:20200427170154p:image

 

勘の良い方ならお気づきだと思うんだけど、これは日本のかけ算の順序があるとする派が要求する順番とは逆である!

 

上の絵では、一つのティーカップにカエルが4匹いて、ティーカップが3つあるのでかけ算の順序派の主張する

 

(1つ分の数)×(いくつ分) 

 

という方式で式を書くと、

4 x 3 =12

でなくてはならず、3 x 4 は不正解である。

 

ところが、このNumberblocksでは

3 x 4 = 12

 と書かれているのである!!!!

 

数式は究極の人工言語であり、イギリスと日本、または英語と日本語による違いを許容する余地はない。というわけで、これから掛け算の順序を主張する人は、BBCにも主張して、受け入れられるように頑張って。まず、その主張をBBCに受け入れて貰ってくれ。話はそれからだ。

 

 

しかし、流し見でコレをパッとみた瞬間に気がついた私も割とかけ算の順序に侵されている気がする…

 

掛け算の順序問題を解決するべきタイムリミットまであと3年。

 

 

子宮筋腫を取ってきた話4

 前回の続き

 

busy-bee.hatenablog.com

 
術後2日目

一食ごとに、ご飯が重湯、10倍がゆ、5倍がゆと固くなっていく。まるで離乳食みたい。どんどんご飯が固くなっていくと、食べ物が胃に入ると内臓が壮絶に痛くなるようになってきた。

 

私はジャパニーズサラリーマンなので、もちろん早食いを嗜んでいるんだけど、普段10分で食べられる量のご飯を休みやすみ1時間かけて食べる。

 

この辺で、昔、腹膜炎になった人の話を思い出す。腹膜炎になって腸に穴が空いて消化物が内臓にの外側についてしまうと、全て腸を取り出して洗うことになるらしい。そして洗ったあと、適当に体の中に押し込めて戻す。そうすると腸が勝手に動いて元の位置に戻るらしいんだが、この勝手に戻るのが激痛だと言っていた。

 

あっ、この痛みは、それだ。腸がポジションを探して動いている感じがする…内臓が動いて、すごく痛い…と考えながら食後1時間ぐらいを耐える。この痛みは痛み止めが全く効かない。それが辛い。

 

実際、チェックに来たお医者さんにご飯食べると痛いんですと言うと、腸に少し触りましたからね〜と言われた。手術の時、子宮の手前にある腸が邪魔なので、少し動かすらしい…少しでこんなに痛いんだな。腹膜炎だと最高に痛いだろうな…

 

術後3日目

やっとご飯を食べても痛くない!どうやら腸はちゃんと元のポジションにお戻りなった様子。歩くのもゆっくりなら全然痛くない。

なぜかちょっと熱が上がってしまって1日中ダルかった。明日退院の予定だけれど、熱が下がったのを確認したら。と言われる。下がらなければ延泊である。しかし明日は月末。つまり延泊になると別の月に突入するため、医療費の限度額がリセットされてしまう!避けたい(←ケチ)

 

しかし、私の記憶が確かなら、出産の時は、これぐらいの体調で退院だった。熱がなかったとしても、まだあと1日病院にいないといけないみたいだ。なんだか手厚い。

 

術後4日目

やっと退院。懸念していた熱も下がって、元気すぎてびっくりする。1週間は病院と同じように寝ていろと言われるし、次の検診まで1ヶ月近く風呂には入っていけないみたい。出産で入院したときは、「もう〇〇やらないといけないんですか!」って思っていたけれど、今回は「まだ〇〇しちゃだめなんですか!」って思っている気がする。

 

このご時世どうやって家に帰るか迷ったけれど、徒歩10分を歩く元気はさすがになかったので、タクシーで帰宅。

 

その後

その後仕事が溜まっているのを覚悟していたら、コロナのせいで全然すすんでいなくて拍子抜けした。その上、私が入院前に訪れた客先でコロナの患者が出てた。おそろしぃ〜。

 

ヘソ整形

腹腔鏡手術では、カメラをヘソに穴を開けていれた。そのため一番大きな傷がヘソにできる。手術後ヘソに開けた穴を閉じるため、ヘソ周りの皮膚をキュっと巾着のように縫い縮めて新しいヘソを作る。つまり、古いヘソは無くなってしまって、新しいヘソは偽物である。本物のようにヘソに底(へその緒がついていた部分)がない。

術後、鏡を見ると、なんだかヘソ周りの妊娠線がマシになっている気がする。妊娠でできた皮膚のたるみもマシなような…

ヘソの周りの皮膚を縫い縮めた結果、手術前よりお腹の皮膚が引っ張られて、妊娠線が見えにくくなったようだ!ラッキー!!最早ヘソ整形。

 

医療費

今回の入院、診療点数で言うと約90000点。病院が健康保険に請求する額が90万円。私が払うのは自己負担限度額。と思ったけれど、IT業界で名高い関東ITソフトウエア健保だと20000円以上の払った額は戻ってくるみたい!やったーー!ってかこれ、IT健保だったら、医療保険いらなくない?

 

www.its-kenpo.or.jp

保険医療機関等で受診した際の支払額(「入院」「外来+調剤」別)が20,000円を超えたときはその超えた額が一部負担還元金等(付加金)として給付されます。

 

というわけで、ダラダラ続いた私の子宮筋腫の手術の話はこれでおしまい。健康ってやっぱり最高だわ〜。まあ、手術前もぜんぜん病気な気がしてなかったけど。

子宮筋腫を取ってきた話3

前回の続き。

busy-bee.hatenablog.com

 
手術した日の夜

全身麻酔から覚めて意識が戻った時、思わず発した言葉は「なにコレ、痛い、痛い」だった。事前に痛みは10段階で表現するよう依頼されてたけど、そんな余裕は全くなかったね。もし、10段階で表現する余裕があったら100って言っていたと思う。(←

手術室から病室まではベッドで運ばれたのだけれど、あんまり記憶がない。とにかく病室まで激痛だった。

病室で痛み止めの点滴を打ってもらうと痛みはなんとか9ぐらいに落ち着いて、そのままうとうとしながら、ひたすら一晩痛みに耐えた。

 

尿意

明け方、ものすごくトイレに行きたくなる。導尿してるのにおかしいと思いながら、ひたすら尿意を我慢して、夜が明けるのを待つ…トイレ行きたい、トイレ行きたい、トイレ行きたい。完全に痛みより尿意が勝っている。

 

外が明るくなってきて、ふと寝ているベットの脇にある点滴の棒みたいなやつの下の方にかかっている導尿バッグを見ると、バッグから伸びる導尿チューブがクルッと一回転ジェットコースターのように回っており、その頂点が、結構高い位置にある。チューブの一番高い点が、私の膀胱より高い場所にあるから、尿がバッグへ落下しないんだ。そのせいで私の尿意が止まらないに違いない!

 

ベッドに寝転んだまま尿道バッグをかけ直してチューブがくるりと巻かないようにしようと思っても、どうもチューブに巻きグセがついてしまっているみたいで、手を離すと元に戻ってクルンと丸まってしまう。

 

しょうがないから、チューブの一番高い点を手で一所懸命押して、チューブに溜まった尿をバッグの方へ押し出す…そうやってできたチューブの空間にしばらくするとまた尿が溜まる。それをまたチューブを押してバッグに落とす。繰り返すうちに多少尿意がマシになってきたような気がする。

 

 

術後1日目

そうこうしているうちに、起床時間が来て、看護師さんがやベッドのリクライニングを操作して頭側を上げてくれる。スーっと去っていく尿意。ふー!助かった。体を起こしたことによって腎臓の位置が上がったんだ!!!

 

尿意が去るとやっぱり痛い。痛み止めを追加してもらう。人間、尿意の方が痛みより強いんだな。

 

痛み止めが効いてくると、余裕で耐えられる痛みになる。痛み止めすごい。しかし、昨日丸一日なにも食べてないので胃が空っぽ過ぎて気持ち悪い。吐き気が止まって歩けないと導尿のチューブを抜けずご飯が食べられないらしい。

え、これデッドロックですよね?私、ご飯食べなさすぎて気持ち悪いのに、この気持ち悪いの治らないとご飯食べられないの??詰んだ。

 

なんとか胃の中のゲップを全て出して、急いでナースコールして、次の吐き気がくる前に、ナースの前で歩いて見せる。やった。これで、ご飯が食べられる!

 

そうして運ばれてきたのがコップ一杯の重湯だった…本当にガッカリである。

 

この日は寝ている分には大丈夫でも、トイレに歩く度お腹の中の傷がジンジンして痛い。

 

 つづく

 

 

 

子宮筋腫を取ってきた話2

前回の続き。

 

busy-bee.hatenablog.com

 

 

ホルモン療法

手術の予定日3ヶ月前からホルモン療法が始まる。これは、一時的に更年期と同じように女性ホルモンを減らして筋腫を小さくし、子宮を休め手術時の出血を少なくするため。

 

しかし、このホルモン療法、致命的な問題がある。それは更年期障害と同じ症状が出るってこと。女性ホルモンを減らすんだから当たり前だけど。で、更年期障害なら女性ホルモンを補って症状を軽くできるけど、この場合ワザと減らしている訳で、それもできない。というわけで、多分、本物の更年期よりずっと激しい更年期障害の症状と戦うことになった。

 

1ヶ月目は、大したことなかった…うん、これならイケるかな?と思っていた。

ところが、2ヶ月目くらいからホットフラッシュ(急に暑くなって汗かいたり)が少しづつ出てきて、3ヶ月目には症状が強くなって、会社で一人汗だくだったりして、なかなか辛かった。

 

手術のことも会社の人には言い出しづらくて黙っていたので、汗をこっそり拭きながら、本当の更年期障害って思われたらどうしよう?って思ったり。

 

実は執刀医の都合で手術の日が最初の予定日から1週間遅くなったのだけれど、一刻も早く手術して更年期障害の症状から脱したくて、どうして私はスケジュールの後ろ倒しを了承してしまったのだろう。ごねて前倒ししてもらうんだった…と後悔していた。

 

が、手術の直前にコロナが猛威を振るい出し、会社は在宅勤務になり、ホットフラッシュについて気にしなくてもよくなった。会社を休んでいるのも、同僚にはわかり辛くなったし。客先訪問が難しくなって…何が何でも早急に復帰しなくても良さそうな雰囲気になって…手術とコロナが被ったのは、不幸中の幸いだった。

 

ちなみに更年期障害になるとイライラするらしいので、夫や会社の人に当たってしまったらイヤだな…と思っていたのだけれど、本人的にはあんまり変化なかった。もしかしたら、本人が気がついていないだけかもしれないけど。あと元から性格が悪いからかもしれない。

 

入院

兎に角、自覚症状のないまま、手術の前日に入院した。すごく変な気分。だって、元気なんだもん。元気なのに、病院のベットに押し込められて、病院食を食べる。しかも手術は翌日の午後3時から。これ当日入院でいいんじゃないの?と疑問に思いながら、ベッドでだらだらして過ごす。

 

ちなみに、後で色々な人の様子を伺って判明した(←趣味が悪い)が、他に病気があったりして薬を飲んでいる人だと、前々日ぐらいから入院になったりするみたいだ。やっぱり、より管理が必要ってことなのかもしれない。健康って大事だね。

 

手術室へ

手術室まで自分で歩いていく。元気だからね。やっぱりものすごく妙な気分。戻ってくる時は自分で歩いて出られないんだなーと考えながらも、実感なし。そして緊張する。私何もしないけど。寝てるだけだし。この後に及んで、まだ自分が病気だって自覚できない。

 

え、そのザ手術台!って奴に乗るの?この私が?

 

 つづく

 

 

busy-bee.hatenablog.com

 

 

子宮筋腫を取ってきた話1

ちょっと前に子宮筋腫を取ってきました。その記録、その1です。

 

発覚まで

毎年の会社の健康診断、よくある会社が入っているオフィスビルの健診センターで受ける奴。ウチの会社は婦人科オプション付きで、子宮頸癌の検査がある。

 

去年はその検査の担当が、自分と同じくらいの女医さんだった。検査の時、外から触って分かるほど大きい筋腫があるから、絶対婦人科でチェックした方が良いと強く勧められた。普通健診ってそんなことしてくれないと思うし(筋腫は検診の対象外)、本人も本当はダメなんだけどといいつつ、その場で電子カルテの過去の健診結果を調べてくれて、筋腫がとにかく大きくなっているっぽいから精密検査を。と勧められる。

筋腫ってほら生理痛がものすごく辛かったりするんじゃないの?筋腫があるのは知っていたけれど、生理痛とか無かったから深刻だと全然思ってなかった。

 

あんなに熱心に受診を勧められるなんて…私、死ぬの?(←豆腐メンタル)と慌てて、婦人科を予約することに。この健診センター、病院も兼ねていて、婦人科もあるのだ。あの親切な先生に当たることを期待して、そこを予約しようと電話する。

 

しかし、予約が先までいっぱいらしく、頑張って2ヶ月後の予約を取る。この辺で、アレ?私、案外大した病気じゃないな…と思うようになる。本当にヤバかったら即予約が取れる筈。

 

2ヶ月後、婦人科を訪れると、あの親切な先生がいて…って先生がものすごくふくよかになっていて、内心驚愕する。先生、私のこと心配してくれたけど、私、先生の事の方が心配です。

 

その日は、軽い診察の結果、やっぱりMRIを撮ってみないと分からないということで、MRIと次回の予約をしておしまい。

 

診断

MRIを取って、結果を聞きにいく。MRIの結果、筋腫は10cmぐらいの大きさで順調に成長中。血液マーカー的には悪性では無さそうで、子宮筋腫でほぼ間違いないとの事。

 

手術について、開腹なら1ヶ月だけど、腹腔鏡手術なら1週間の入院で済むと説明をうける。ワーキングマザー的には必要な有給日数のことしか考えられないから、

「絶対に腹腔鏡手術がいいです。腹腔鏡手術が出来る病院に紹介状を書いてください」とお願いすると、住んでいる場所を確認され、

「じゃあ〇〇大学病院がいいよ!家から近いし!(以下〇〇大学病院の執刀医を絶賛)」と熱心にプッシュされた病院へ紹介状を書いてもらう。

 

後で調べると、筋腫の腹腔鏡手術って割とどこの病院でも出来た。執刀医もそこまでのは名医とかでも無さそう。というか、私の病状がそこまでの名医が必要な感じでも無さそう。なんでそんなに〇〇大学病院をプッシュしたのかな?卒業生?と謎に思って、先生の経歴をgoogleしたけど違った。じゃあ執刀医とデキてるの?と思ったけど、それも無さそうだった。なぜなら執刀医は別の婦人科医と結婚してそうだった(←ちょっとネットストーカー的なヤバ目のリサーチ能力)

手術を終えた今も謎のままである。まあ、悪い病院ではなかったけど。

 

大学病院

紹介状を貰ってから大学病院に自分で電話して予約する。

各種手続きを経て、予約した時間に大学病院の診察室に辿り着くと、そこにいたのは、私と同じくらいの歳の、軽くてチャラそうな男性。それが後の執刀医である。

 

本当に軽い感じで、私が持参したMRIのデータを見て、ま、これくらいの大きさなら余裕で腹腔鏡で取れますから。腹腔鏡で子宮摘出も出来るし。どうする?みたいな感じ。軽い。そもそも自覚症状のない筋腫、子宮を取る程の覚悟はない。筋腫も取っても取らなくても、と一瞬迷い、「先生だったらどうしますか?」と訊いてしまう。先生にはそもそも子宮がないのに。

 

しかし、執刀医は、そのままの軽さで、「僕なら(筋腫を)取りますね」と言うので、取ることにして、その日に手術日を決める。最短で手術出来るのが、約半年後だったので、そこに入れる。まあ、当分、先だし。深く考えなくても。みたいな感じで。

 

つづく

 

 

busy-bee.hatenablog.com

 

 

滑り台の攻防

冬の日が暮れるのは早い。

いつまでも公園で遊んでいようとする息子に、帰ろうと交渉する。もちろん渋られたけれど、なんとか滑り台をあと10回滑ったら帰ることで合意してもらう。

 

じゅう....きゅう....はち

 

....

 

さーーん....にー.....

 

そうして、とうとうあと一回になった時、息子が突然言い出した。

「これは数字を壊しちゃうロボットだよ」

何のこと??

「5があると10にしちゃうんだよ」と言う。

「そうなんだ。そうしたら、3があると何になるの?」と訊くと、

「6だよ」

「そうなんだ。」y=2xだ。やるじゃないか。

 

「あと一回だから、1を入れると2になって、二回だよ」

なるほど。

「だから滑り台あと二回ね」

「まあいいよ。あと二回ね」どうせ一回しか増えてないし。

 

喜んだ息子は滑り台を滑り降りて、

母は叫ぶ。

「あといっかーーい!」

 

「また壊しちゃうロボットが二回にしたから、あと二回!」

 

えっ、だめだめだめ。それ無限ループ。永遠に帰れないやつじゃん。

「だめーーー。ロボットさんはもうおうちに帰りました!」

残念だが、そうは問屋が卸させないから!